金属セパレータ

ニシムラの燃料電池用金属セパレータの特徴

高精度な金型製造技術と豊富なプレス成形ノウハウで、ステンレス鋼やチタン製の狭ピッチ流路のセパレータ成形を実現します。

右図の成形例を元に、ニシムラの燃料電池用金属セパレータの特徴を紹介します。

成形例

特徴1:均一な板厚

コーナーR部の板厚減少を大幅に低減し、全面に渡り均一な板厚を実現します。

均等な板厚

特徴2:均一な流路面高さ

高さ0.5mmのセパレータで、流路面高さの誤差を20μm以下に制御します。

測定グラフ

特徴3:優れた平坦性

350mmサイズのセパレータで、反り量を3mm以下に制御します。

金属セパレータの流路設計例

データベース化した豊富な成形実績を基に、被加工材の材料特性に合った流路断面を提案し、高品質な金属セパレータを提供します。
下記は、データベースを基に純チタンやSUS316Lのプレス成形可能領域をグラフ化した一例です。

平坦幅と溝角度

◆流路ピッチと高さの関係(板厚0.1mm)

溝角度13.5°

溝角度°

金属セパレータの成形例(※実績)

材質 SUS316L、純Ti
板厚 0.1〜0.15mm
サイズ 200〜430mm

※上記は実績値です。上記以外のご相談も承っておりますので、お問合せください。

2000年より研究開発を重ねたニシムラの金属セパレータ

ニシムラは高品質なセパレータ製造に必要な、金型技術やプレス技術を所有しています。
長年にわたる研究開発で得た燃料電池に対する豊富な知識と経験を生かして、お客様のあらゆるニーズに対応しています。

成形例

ページのトップへ

〒470-1215 愛知県豊田市広美町北繁91番地

TEL:0565-21-1583|FAX:0565-21-3579

お問い合わせはコチラ

Copyright © NISHIMURA Co.,ltd. All rights reserved