株式会社ニシムラ

TEL
CONTACT

会社概要Company

ご挨拶Greeting

私たち、株式会社ニシムラは50年以上にわたりお客様にご満足頂ける金型造りと製品造りを行ってきました。その結果、多くのお客様から高評価をいただくことができました。加工技術の追求を怠らず、日本にしかできない製品の実現と挑戦し続ける事がニシムラの使命と考え、これからも求められる以上の何かをお客様に提案し実践していきたいと考えています。また、近年では自動車メーカー様や燃料電池システムメーカー様に協力し、環境保護の一翼を担うべく燃料電池自動車用の部品製造と金型開発に注力しています。ニシムラはこれからもお客様のニーズをしっかり捉え、魅力的な製品や金型の開発を行っていきます。そして、クリーンエネルギー分野の事業を重点に会社の発展と従業員の幸せを実現し、社会に貢献していきたいと考えています。

代表取締役木下 学

企業理念Philosophy

  1. 1.我々はお客様に満足いただく事を第一に考えます。
  2. 2.我々は限界を定めず、想像力と行動力で常に最新の技術に挑戦します。
  3. 3.先端のテクノロジーを駆使し、既成概念を捨て、より高品質な製品を造り出します。
  4. 4.技術、生産の革新を続け、付加価値の創造を目指します。
  5. 5.地域発展と環境向上に貢献する企業であり続けます。
経営資源のトータルバランスと
人材育成の強化で、
企業のパフォーマンスを最大化していきます。

会社概要About

会社名 株式会社ニシムラ
代表者名 代表取締役会長 木下 富夫
代表取締役社長 木下 学
設立 昭和40年3月
資本金 2925万円
所在地 愛知県豊田市広美町北繁91番地
従業員数 65名
連絡先 TEL:0565-21-1583(代表)
FAX:0565-21-3579
主要銀行 碧海信用金庫
三菱UFJ銀行
名古屋銀行
豊田信用金庫
取得ライセンス ISO9001
ISO14001

沿革History

1965年 初代社長、西村修がゲージの製造などを始める
1972年 株式会社に組織を変更。商号を株式会社西村製作所と改める
1982年 豊田市和会町に移転。NC工作機械を導入
1997年 木下富夫が代表取締役社長に就任
1999年 豊田市広美町に本社を移転し、新工場を開設。商号を株式会社ニシムラと改める
2004年 型技術協会へ入会する
2005年 社屋の二期工事終了。組付け、試作設備の整備を行う
2006年 開発部門を設置。自動車用製品等の工法開発を開始
2010年 テクニカルセンターを開設。高精度プレス機導入
2013年 400Tonサーボプレス機を導入。燃料電池用セパレーターの製造開始
2015年 木下富夫が代表取締役会長に、木下学が代表取締役社長に就任

ニシムラがMOTを
取り入れた理由
Reason of MOT

現状の企業(製造業)の
ビジネス構造

価値創造まではできても、価値獲得にも成功して企業の価値を高めることが困難になっています。

その背景は…
  • 技術革新の加速化、多様化
  • 企業間競争の激化
  • マーケットイン・トレンドの進展
  • 技術、顧客、競争環境の不確実性
  • 技術と経営の最適融合の困難さ
  • 高度な事業戦略の必要性
  • 経営・技術ともに明るい人材の不足

MOTを導入し、
ニシムラが目指す未来

MOTを導入し、ニシムラは技術・品質の向上に加え、国際競争力にも負けない組織へと進化していきます。

アクセスAccess

所在地

愛知県豊田市広美町北繁91番地(広美工業団地内)

アクセス

■ 自動車の場合
伊勢湾岸自動車道「豊田南IC」から約15分
■ 電車の場合
JR東海道線 新幹線「三河安城」駅からタクシーで約20分
名鉄本線「新安城」駅からタクシーで約20分
愛知環状鉄道「北野枡塚」駅からタクシーで約20分

ニシムラへのご質問やご依頼がある方は、
お気軽にお問い合わせください。
0565-21-1583

受付時間 | 8:00 - 17:00 月〜金

0565-21-3579
メールでのお問い合わせ

受付時間 | 8:00 - 17:00 月〜金