株式会社ニシムラ

TEL
CONTACT

金型開発・試作Mold development & Prototype

金型製造技術と塑性加工技術で
お客様のニーズにお応えします。

弊社では自動車業界を中心とした燃料電池用金属セパレータなどの各種製品の開発支援・試作を、メーカー様と共に15年以上行ってきた実績があります。金型設計~トライ~量産までお客様と共同開発を行う事で、製品機能を落とすことなく開発段階でVA・VE提案を行う事で、次世代の自動車部品を開発する上で発生する技術課題を、お客様と一緒に解決していきます。

ニシムラの開発支援・試作3つのポイント

01 「設計~トライ~量産」まで一貫して共同開発

弊社では自動車業界を中心に、金型設計・製作~トライ~量産までお客様と生産技術開発を多数行ってきました。お客様での製品設計段階から、共同開発を行うことにより、お客様の求める品質とコストに対し、塑性加工、生産技術的な側面からサポートし、目標達成に向けた取り組みを行います。

  • 打ち合わせ
  • 課題抽出
  • 提案
  • 成形実験と検証
  • フィードバック
  • 本型設計
  • 本型製作
  • トライ調整
  • 製品出し

02 開発・試作段階での「提案」

試作コスト低減

開発・試作金型の費用低減と短納期を実現するために、弊社保有のダイセットを活用し、入子のみを製作する事で初期投資を抑えることも可能です。また、金型材質の変更で短納期に対応するなど、柔軟な試作対応を行います。

安定した品質

安定した成形品を生産するために、プレス成形性と最適な金型の検討を行います。ステンレスやチタンなど難成形材についても、安定した量産を実現するための提案を行います。

03 ニシムラの開発支援を支える「3つの約束」

打合せは全て技術者

お客様との打合せは、全て技術者である技術営業課が行っています。お打合せがスムーズに進むほか、具体的な提案をその場で行えるメリットがあります。また必要があれば、設計者も同行可能です。ニシムラには、ものづくりを円滑に行うための準備があります。

スピーディなものづくり

ニシムラでは、仕事のスピード感覚を大事にし、製造工程においても、「技術」と「スピード」のバランスを取りながら進めていきます。

お客様想いの開発を

ものづくりの業界において、コストダウンや納期短縮の要求は年々高まる一方です。その反面、部品機能が低下しブランドイメージを傷つける結果になっている事例もあります。ニシムラではお客様のニーズをしっかり受け止め、手掛ける製品については、機能を低下させない提案を積極的に行っています。※改善提案ポイント:材料、工法、設計・製品形状、他

燃料電池用金属セパレーター
高精度金型設計製作・プレス成形はコチラからご相談下さい。
0565-21-1583

受付時間 | 8:00 - 17:00 月〜金

0565-21-3579
メールでのお問い合わせ

受付時間 | 8:00 - 17:00 月〜金